江津民商 初のリモート会議

 去る10月5日、秋の拡大行動に合わせ、島商連会長、副会長が県内5民商を激励に巡回。そして、県連役員を迎えるにあたり江津民商会長はリモートで参加を試みました。民商事務所と会長在住の邑南町は車で片道約1時間。コロナ禍で三密回避のためなかなか役員が一同に集まることもできていなかったので、他の役員もリモート会議を体験する良い機会となり、各民商の拡大目標と今後の活動計画を話し合いました。
 リモート参加した江津民商会長は「便利がいいですの~。82歳が軽自動車に乗って45分かかる江津市まで出かけなくても会議ができる」と自身のFacebookにも投稿。
 行政のデジタル化が進もうとしている中、慣れないオンライン作業に抵抗感がある会員が多いのですが、文明の利器を上手に使うことがおススメ。年齢には関係ないことを江津民商会長がお手本になってくださいました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です