【第37回定期総会開催】

コロナ禍での総会、5ヶ月遅れで本日無事開催しました。

 コロナ禍での活動報告では、江津民商70年の歴史上初めて、自治体支援制度の相談窓口に指定された成果、SNSを活用した活動も始動したことを報告🍀 今後の活動方針、財政問題・事務局人材確保なども討議。小さな組織でも課題山積ですが、民商の存在意義を確認し、維持していこうと前向きな発言がありました。

 そして今年の総会にもサプライズゲスト✨なんと!全商連 加賀副会長が総会に登場。

 全商連70周年を迎えるにあたり、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本震災など災害のたびに国に支援を求めて奮闘してきたことが、コロナ災害での業者支援に結びついたことなど、短い時間でしたが、お話いただきました。

 早朝より、島根県内3民商を訪問とのことで走行距離は500㎞は超えるのでは??連日、会議が続く中で活発に活動される姿には頭が下がります。ありがとうございました。定期総会の前後には、インボイス制度の学習会も開催。(ちょっと欲張り過ぎたかも😅)ご参加いただきました皆さん、短時間の総会運営にご理解ご協力いただき、ありがとうございました🙇 これから、さらにパワーアップした民商活動になりますよう頑張りましょう👍️

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です